蛇口の交換は水道工事会社が安心

水漏れしやすい場所はいろいろとあります。蛇口は日常的に使用頻度の高い部分で、どうしても劣化が進むという問題を抱えています。水を好きな量にコントロールするためには、蛇口は欠かせない存在です。水漏れを起こしたときには、消耗品を交換するだけで対応できることもよくあります。しっかりと対応するためには構造を知っておくことが大切ですが、状況によっては、水道工事会社に蛇口 交換も含めて依頼した方が良いでしょう。

■水回りで欠かせない蛇口

水道管につないで使う蛇口は、どの設備にとっても大切です。いろいろな部品を組み合わせて作られており、構造的には複雑な部類に入るでしょう。構造によって消耗品も異なり、水漏れしてきたら交換しなければいけません。
交換する際には、止水栓を締めてからおこないます。近くに設置されているはずですが、どうしても見つからないときや固着して回らないときには、元栓を締めるといいでしょう。



■ツーバルブとワンレバー以外の蛇口もある

蛇口の種類は、ツーバルブ水栓とワンレバー混合栓の2つが知られていますが、これらは構造的にはわかりやすいタイプになります。比較的自身で修理しやすいものの、簡単に考えていても直らないため、簡単なものでもできれば業者に工事してもらいましょう。最近ではレバーがないタイプや、センサーが取り付けられているタイプもます。こうしたものは簡単には解体できません。これまで普及していたツーバブル水栓などとは構造が全く異なるため、解体の知識も変わってきます。特殊な工事も請け負ってくれる業者を探しておきたいものです。



■まとめ
蛇口は水回りの設備の中では、比較的メンテナンスしやすい部分です。構造的にわかりやすいのは確かでしょう。ですが、どうしても難しいと思ったときには、無理をしないことが大切です。わずかでも隙間ができれば、水は漏れてきます。修理したつもりがしっかりと直っていないということもあり得るため、確実に修理できる道を選択をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ