ウォシュレットからの水漏れは水道工事会社に

普段トイレで使用しているウォシュレット、正式名称は温水洗浄便座といいます。日本が海外にも誇る技術ですが、ウォシュレットが水のトラブルを引き起こしてしまうと、その後の対応が非常に大変です。電気を使用して動いているため、安全面の問題も発生します。
購入したトイレに機能としてついていた場合、自分で修理するにはあまりに精密な機械であるため、購入した店舗や水道工事業者に修理を依頼しましょう。

■焦らないで対処すること

最近では、トイレにウォシュレットが設置されているタイプのものは珍しくなくなりました。水道工事会社でトイレのリフォームをしたときに設置することも増えてきています。
そんなウォシュレット機能付きトイレで水のトラブルが起きた時には、その他の理由で起きた水漏れ以上に焦らないことが大切です。頻繁に起こることではありませんが、水が噴き出してしまうこともあるため、どのような状態になってもまずは出来るだけ冷静に対応を考えなければいけません。



■電気が流れていることが問題になる

大きな問題になりやすいのは、機能として電気を使っており感電を起こす可能性があるからです。内部で水が漏れると、精密機器として動いている部品に水がかかります。焦っているとどうしても対応が遅れてしまいますが、水が噴き出している場合には、まず電源を抜きましょう。電源さえ外せれば、感電して怪我をしてしまう状況は回避できます。その後止水栓を締め、水漏れした状況を対処していけば安全です。



■まとめ
水漏れといっても、精密機器の修理は簡単ではありません。専門知識がなければ対応できないことも多いため、購入したところや設置した水道工事会社に連絡し、点検と修理を依頼するのが一番です。水と電気を同時に扱うのは素人にはリスクが高い作業です。安心して修理を任せられるところに依頼するべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ