水のトラブルから水道工事でトイレを交換する

トイレの水漏れの原因となることは様々です。給水管やパッキン、バルブからの水漏れであれば、交換で対処できます。しかし、中には原因が複雑であり、自分では対応できないものも含まれています。特に本体がひび割れて漏れてくる状況は、水道工事会社で本体ごと交換することも考えなければいけません。

■割れてしまえば元に戻らない

トイレの水漏れの原因は、どこから漏れているのかによって違います。トイレは水を大量に使っているため、どうしても被害が大きくなってしまいます。仮に漏れた水が床ではなく便器の中に少しずつ流れているのだとしても、漏れてしまっている分、水道代は大きく上昇してしまいます。
水漏れの原因のひとつに、本体である陶器がひび割れてしまったということがあります。本体に使用されている陶器は決して壊れやすいものではなく、逆に頑丈なものです。しかしながら何かの衝撃で割れてしまうこともあります。小さなものを落とした程度で割れることはありませんが、掃除の際にタンクの蓋を落としてしまうことがあるかもしれません。また、普段棚にトイレットペーパーなどを保管している場合、便座を踏み台にして物を取っているということはないでしょうか。こうした想定されていない重さが原因でひびが入ってしまうこともあるため、もしも小さなひびであっても、見つけた時には水道工事会社でトイレの交換をしてもらいましょう。

■トイレの寿命

トイレにも耐用年数はあり、約25~30年で劣化するとされています。実際に割れてしまうまではトイレの機能としては使えます。しかし、表面のコーティングがはがれてしまうと、汚れが落ちにくくなってしまいます。排水管との接続がずれてしまうこともあるかもしれません。長年使用していると、様々なところに思いもよらない影響を与えているのです。
また、トイレは頻繁に掃除をする場所です。長く使い続けるためには掃除も重要ですが、逆に長年使用していることで掃除によって素材が摩耗してしまうこともあります。大切に使っていても、そもそも寿命が来ている場合には交換を考える必要があるでしょう。

■まとめ
トイレを交換する状況は、実際にはなかなかありません。しかし技術は日々進歩しており、様々な性能が搭載されるようになります。洗浄能力や動作音などが大きく異なることもあるため、水漏れというトラブルをきっかけに交換を検討してみるのもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ